Austrian

夏の翼広げて。緑濃きウィーン、美しいオーストリアへ。

旅のはじまりは、クルーの笑顔に迎えられて。

機内に入ると、鮮やかなレッドの制服をまとったクルーがウインナ・ワルツとともに笑顔でお出迎え。これから始まる旅への期待も膨らみます。離陸してほっとひと息ついた頃、お楽しみの機内食サービスがはじまります。メニューをプロデュースするのは、欧米で洗練されたレストランを展開するDO&CO。ビジネスクラスではフライング・シェフが料理の最終仕上げと盛り付けを行い、優雅な雰囲気の中で美味を堪能することができます。エコノミークラスも、サーブされるパンは温かく、合わせるワインもフルボトルから注がれます。食事の後は、香り高いウィーン伝統のコーヒーを。ビジネスクラスでは10種類のカフェメニューから選べます。オーストリアへの旅は、エレガントでフレンドリーなおもてなしとともに、機内からスタートします。

世界一住みやすいウィーン。オープンエアーが心地良い季節です。

  • 1日目
    ウィーン 到着したその日に、フィルムコンサートを。
    成田発ウィーン行直行便に乗って、夕方4時頃に楽々到着。これからのオーストリアはサマータイムとなり、日没は真夏で夜9時頃。寒い冬から開放されて人々は多彩な屋外イベントを楽しんでいます。その一つがウィーン市庁舎前の「音楽フィルムフェスティバル」※2。クラシック音楽やオペラが日暮れとともに上映され、広場では屋台が並び国際色豊かな料理も味わえます。
    ※2.2013年6月29日〜9月1日。入場無料。
  • 2日目
    ウィーン ハプスブルク帝国の栄華を辿りながら、街の居心地に触れる。
    世界で最も住み心地の良い都市に4年連続選ばれたウィーン。歴史的な建築物や文化遺産巡りの合間に、庭園やカフェのテラスで寛ぐスタイルがよく似合います。例えば、世界遺産シェーンブルン宮殿では、美しい庭園をのんびりと散策できる市民の憩の場。この丘の上のグロリエッテにあるカフェのテラス席で、王朝時代の優雅な雰囲気の中、宮殿と庭園を眺めながら味わうコーヒーはまた格別です。カフェのテラス席“シャニガルテン”は旅のアクセントになることでしょう。
  • 3日目
    ウィーン 音楽家ゆかりの地を訪ね、ワインを楽しむ
    爽やかな空気に包まれるウィーンの朝。ベルヴェデーレ宮殿などの美術館巡りを楽しんだら、午後は音楽家たちの足跡を訪ねます。例えばウィーンの森をのぞむハイリゲンシュタットで、ベートーヴェンが「田園」の構想を練った散歩道を巡ります。陽が傾いたら、ワイン農家が経営する居酒屋ホイリゲへ。ここは市民の社交場。毎夜仕事を終えたウィーンっ子たちで盛り上がっています。また少し足を延ばしてハイドンゆかりのアイゼンシュタットもおすすめ。こちらも有数のワイン生産地。ハイドンが仕えたエスターハージィ宮殿を訪ねた後、往時を偲びつつレストランで優雅に乾杯を。

オーストラリアといえば芸術の国? いいえ、自然と芸術の国です。

  • 4日目
    ザルツブルク 世界遺産の街でモーツァルトと出会う。
    今も中世の佇まいを遺す街。丘の上のホーエンザルツブルク城塞から見下ろすとその美しさがよくわかります。夏のザルツブルクは世界的な「ザルツブルク音楽祭」※3で華やかな賑わいを見せます。モーツァルトゆかりの地が多く点在し、とくに旧市街のゲトライデガッセにあるモーツァルトの生家にはぜひ足を運びたいもの。迷路のような小径を辿り、路地を曲がれば洒落たお店や美しい中庭が。ワクワクしながらそぞろ歩きを楽しむのがザルツブルクの魅力です。
    ※3.2013年7月19日~9月1日
  • 5日目
    ハルシュタット 世界で一番美しい湖畔で伝統料理に舌鼓。
    世界遺産に指定されているハルシュタットは、湖面に映る山々と伝統的な木造家屋の風景が絵画のよう。中世の趣漂う街並は、急ぎ足になりがちな旅人の心を解きほぐしてくれます。ザルツブルクから日帰りも可能ですが、日暮れとともに湖畔の映りゆく風景を眺めながら、伝統の魚料理を楽しむひとときは最高の思い出となります。
  • 6日目
    インスブルック アルプスの古都巡りとハイキング。
    街のシンボル“黄金の小屋根”はじめ、王宮ホーフブルクや凱旋門など、ハプスブルク家の栄華の面影を遺すアルプスの古都。旧市街地は見事なまでに中世が保存され、街全体が当時にタイムスリップしたかのようです。この街ではハイキングも楽しみの一つ。ケーブルカーで登るノルトケッテ連峰の展望台からアルプスの雄大な景色を一望できます。街に戻ってアルプス観光の締めくくりは、ビールやシュナップス(蒸留酒)で乾杯。チロルの素朴で美味しい郷土料理とともにいただきます。
  • 7日目
    ゼーフェルト 高原の高級リゾートでアルプスハイキング。
    翌朝は、アルプスで最も美しい高原リゾート地、ゼーフェルトへ。2500m級の険しい岩峰に囲まれたこの街は、メルヘンチックな家々や教会が街に立ち並び、思わずカメラに収めたくなるようなチロルの風景が続きます。とくにゼーキヒル教会は、夏にはロマンチックな結婚式の舞台にもなり、訪れる人を魅了します。また冬はスキーリゾートとして知られ、夏になるとハイカーたちでにぎわいます。標高2221mゼーフェルダーシュピッツェをはじめ、山頂の展望台からは息を呑むようなアルプスの大パノラマを堪能できます。

オーストリア空港で帰国の途へ。旅の余韻を空の上から。

インスブルックを飛び立ち、機上からアルプスの山々の眺めを楽しみながらウィーンヘ。乗り継ぎもスムースに、成田への直行便で帰路につきます。旅の疲れを癒してくれるのは新しくなったキャビンの最新シート。ビジネスクラスの180°フルフラットシートは、就寝時には最長2mのベッドに変わり、深い眠りへと誘います。エコノミークラスのシートも、体にフィットする最新の設計で、リクライニング時は座面が数cmスライドし、より楽な姿勢をとることが可能です。全席にデジタル高画質タッチスクリーンが搭載され、話題の新作映画から往年の名画までオンデマンドで思いのまま。音楽はクラシックからオペラまで、音楽の都らしいラインナップを揃えており、最後までオーストリアならではのひと時が楽しめます。旅の余韻を味わいながらの約12時間。成田上空に着く頃、機内の窓から心地良い朝日が迎えてくれることでしょう。

新しくなったキャビンで、今年の夏はお得にウィーン・オーストリアへ。

ビジネスクラス

往復295,000円~
※燃油サーチャージ、税金等別途
ご出発期間(成田出発日):
2013年7月1日〜8月31日
販売期間:
2013年7月31日まで
事前購入:
ご出発21日前まで

詳しくはこちら

エコノミークラス

往復116,000円~
※燃油サーチャージ、税金等別途
ご出発期間(成田出発日):
2013年8月1日~9月10日

運賃・空席照会はこちら

↑トップに戻る